デジタル・ジャパン

私たちは、ロボット工学から近未来的な都市景観まで、日本といえばテクノロジー分野で最先端を行くという国、と考えるようになりました。この研究は、日本のアートとデザインにおける技術的革新と、日本の芸術と文化の理解を目的としたデジタル・テクノロジーの利用を結びつけるものです。

次の三つのカギとなる領域において、日本研究は「デジタル」である、と言えます:

  1. 歴史的価値のある芸術工芸品をデジタル化することで、工芸品の保存が可能になります。同時に研究者が、人間の目の能力を超えて古い物から何か新しいことを学ぶことができます。
  2. デジタルから産まれたアート創造では、新しい芸術作品やロボットなど日常性のあるデザイン製品を作るのに、コーディングなど二進法に基づいた制作法が用いられます。
  3. ソーシャルメディアを含めたデジタル・メディアは、拡散された画像や資料、翻訳を通して国際社会の注目を引き、意見交換を助長することで日本研究を広めると同時に実践的研究を深めます。

デジタル日本の研究はこの三つの分野をまとめることで、急速に発展する分野の全体像を構築することができます。

With the introduct …Read More

Studying the Devel …Read More