芸術および文化資源

日本美術及び文化は、斬新な発想や問題意識の発現を引き出すことのできる、またとない舞台です。芸術の世界においても益々国際化が進む中、躍動感と多様性に溢れる日本美術と文化資源の研究分野は、国境にとらわれることなく芸術を世界的な文脈の中で理解することを可能とする肥沃な土壌に例えることができます。本研究所は、日本美術史の研究を進めることを通じ、人類がどのような文化的進化を渇望し、実現してきたかを理解することを目指します。広範な研究ネットワークを通じて展開されるプロジェクトの実施により、常に新しい切り口からの議論の提起に貢献していきます。

This project explores the changing boundaries and concepts of ‘art’ in Japan and East Asia.

This project forms part of a larger investigation of transnational Japanese gardens. This focuses on gardens which deal with the memory of the Asia Pacific War both in Japan and elsewhere.

This project aims to include calligraphy from Japan into the larger discussion of postwar avant-gardes.

This project investigates the complex processes of modernization of calligraphy in East Asia from the late nineteenth century until the end of the Pacific War.