研究担当所長 IFAC ハンダ日本美術キュレーター

ニコル・クーリッジ・ルマニエール

セインズベリー日本藝術研究所の創設者、初代所長であるニコル・クーリッジ・ルマニエールは現在、セインズベリー日本藝術研究所研究担当所長を務める傍らイースト・アングリア大学日本美術文化教授から大英博物館アジア部日本セクションにIFACハンダ日本美術キュレーターとして出向中。さらに、主任キュレーターとして、2019年5月23日から8月26日まで大英博物館のセインズベリー・エキシビション・ギャラリーにて開催される日本国外で開催されるマンガ関連の展覧会としては最大規模である「マンガ展」に携わった。さらに2010年には、大英博物館からは初のマンガ作品である、星野 之宣作「Professor Munakata’s British Museum Adventure(大英博物館の冒険)」の刊行に携わり、翻訳も担当。主な研究分野は 日本の近現代工芸と陶磁器で、2007年には大英博物館の「Crafting Beauty Exhibition 」を展示企画し、2012年には「Vessels of Influence: China and the Birth of Porcelain in Medieval and Early Modern Japan」(Bloomsbury Academic社)を刊行。2016年には大英博物館の「Made in Japan: Kakiemon and 400 years of porcelain」のキュレーションも手掛けた。1998年にハーヴァード大学にて博士号を取得。2006年から2009年にかけては東京大学人文社会科文化資源学の客員教授も務めた。

 

現在の研究活動

大英博物館の所蔵品を基にした「Four Hundred Years of Japanese Porcelain」を執筆中。また、辻惟雄の『日本美術の歴史』を翻訳したものが東京大学出版会から刊行され、それが第55回日本翻訳文化賞を受賞。研究分野は 日本の近現代工芸と陶磁器、東アジアの交易網・考古学史。趣味は日本関連のものの収集。

Contact

64 The Close, Norwich NR1 4DH , United Kingdom
E: [email protected]
T: +44 (0)1603-597507
F: +44 (0)1603-625011


Nicole Coolidge Rousmaniere is the founding Director of the Sainsbury Institute and Professor of Japanese Art and Culture at the University of East Anglia. She received her PhD from Harvard University in 1998. She spent three years on secondment as a Visiting Professor in Cultural Resource Studies at Tokyo University (2006-2009). From Summer 2011 she is Research Director of the Sainsbury Institute. She is currently seconded to the British Museum as IFAC Handa Curator of Japanese Art in the Department of Asia.

Nicole Coolidge Rousmaniere’s current research includes completing a manuscript for the British Museum Press entitled Four Hundred Years of Japanese Porcelain based on the British Museum holdings, to be published in 2014. Her research interests include early modern to contemporary ceramics in East Asia and particularly Japan, East Asian trade networks, the history of archaeology and collecting things Japanese.

Curabitur nec eros et quam pellentesque tincidunt vel sit amet leo. Curabitur nec ante laoreet, luctus justo rutrum, venenatis ex. Vivamus blandit fringilla libero ut malesuada. Vivamus ut nisi dui.